自己破産

自己破産の申立をするその前に【家族に与えるデメリット】を考える

自己破産で家族に与えるデメリット

自己破産とは、消費者金融などの債務者に対して借金が返済できなくなった場合に裁判所へ破産申立をすれば借金をゼロにできる債務整理の一つです。

自己破産をすれば借金取りから追われることもなくなりますが、社会的な信用を一定期間うしなったり家族に何らかの影響を及ぼす可能性もあります。

自己破産の効果は基本的にお金を借りていた本人のみなので、実際は家族に大きな影響が出ることはほとんどありません。ただし

  • 家のお金がすべて無くなるのではないか。
  • 引っ越しをしなければいけないのか。
  • 学校にバレるのではないか。
  • 友人、知人に知られるのではないか。
  • 就職や受験に影響がないか。

などの精神的負担をかけることにはなるほか、自己破産者が保険料(学資保険も同様)を支払っている場合は解約する必要がでてきます。

自己破産後の生活はこう変わる

自己破産は借金の返済義務が無くなる変わりに持ち家や車、時計やアクセサリーなどの貴金属はすべて差し押さえられ、差し押さえられたものは債権者へ配当されます。

日頃の交通手段が車の場合生活スタイルが変わるうえに、ひょっとすると引っ越しを余儀なくされるケースも出てくるかもしれません。

持ち家がある場合、家は任意売却または競売にかけられます。しかしただちに家から出ないといけないわけではなく、新たな買い主が現れるまで家に住み続けることはできます。

家を売りたくない、住宅ローンを返しながら債務整理をしたい場合は『個人再生』の選択もあります。

自己破産申請をした本人は一定期間就くことができない職業もあるため、転職をする場合には仕事の選択にも制限をうけます。

自己破産は借金をゼロにできる制度ではありますが、社会的信用はお金では変えません。いったんなくした信用を取り戻すには時間がかかることを覚悟しておきましょう。

家の財産や貯金はどうなる?

自己破産を申告する前に蓄えていた本人の財産は破産管財人によって処分されますが、家族名義の財産は原則残ります。

家族とはいえ法的には別の人格とみなすため家族名義の預貯金を没収されることはありません。

また、預金が20万円未満のものについても本人家族関係なく没収されません。

ただし、本人と家族どちらの持ち物か判断が難しい20万円を超える財産や貯金は、処分対象となる可能性もあります。

自己破産はいわば借金を払うことができない状態を公表しているわけですから、自己破産の申告をする前に家族の財産や貯金なども含め、弁護士などの専門家に「手元に残るもの、残らないもの」を確認しておきましょう。

ローンやクレジットカードの申請はできる?

自己破産後にローンを組んだり、クレジットカードを持ちたいと思っても5年~10年の月日が経過したのちでなければ作ることはできません。

ローンを組む時やクレジットカードを作る時はその人物の情報が『個人信用情報機関(CIC,JICC,KSC)』に載っていないか審査が入ります。

『個人信用情報機関』とはいわゆる『ブラックリスト』のことで自己破産をした場合も『個人信用情報機関』に名前が載ります。名前が乗れば全員ブラックリスト対象者となります。

『個人信用情報機関』から名前が消えるまでおよそ5年~10年かかりますが、その間新たな借り入れなどもなく安定した生活を送っていればリストから名前が消滅した後すぐにお金を借りることも可能です。

自己破産は元の生活を取り戻すための救済措置であるということを忘れないようにしましょう。

デメリットだけじゃない【自己破産のメリット】

自己破産ときくとデメリットしかないイメージをもちますが、メリットもあります。

  • 自己破産の申立は誰でもできる。
  • 借金がなくなる。
  • 取り立てがなくなる。
  • 借金返済義務の消滅。
  • わずかだが財産も残せる。
  • 家電や家具など生活に必要なものは没収されない。

借金の取り立てに追われることがなくなることがいちばん大きなメリットではないでしょうか。

借金をする前の日常を取り戻せますし、何より家族の精神的不安を取り除くことができます。

自己破産後は借金をした本人の制約はもちろん長く厳しいものですが、返済義務が無くなるので新たな人生をスタートさせるタイミングになるのではないでしょうか。

自己破産手続きで借金問題はリセットできる

自己破産は、借金がふくらみどうしもない状態に陥った人を助けるために国が設けた救済措置です。

制度を利用すれば借金問題はリセットできるので家族のため、安定した生活を取り戻すために一つの手段として前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

自己破産は借金をゼロにしているだけでなく、本人の社会的信用もいったんゼロにするため申請に躊躇する方も多いかもしれませんが、自己破産の内容をよく理解し家族のデメリットが少ないのであれば利用するのも一つの方法です。

ただし自己破産をすることにより迷惑を被る人がいることを忘れないようにし、人生をリセットできたら家族のために安定した生活を維持するよう心がけましょう。